山で生きることだけ決めた

それ以外はとことんブレます

触ると不気味に変色するきのこを食べた。

ついにこの時がやってまいりました。
自分で採ったきのこを食べるのです。
雨続きで林床が湿っているからか、森の中はすでにきのこ帝国。

初心者すぎるので、ある程度狙いを定めて採取することにしました。
まずはイグチ科です。
イグチ科のきのこは、人間が食用に供しても比較的安全な仲間と思われていたこともあり、毒性の強いテングタケ属のような有毒種と混同するような要素も少ないので、キノコ狩りの初心者にとっても好適なものであるとされてきた。目の細かいスポンジのようなかさの裏面・一般に太くて丈夫な肉質の柄の質感などによって、ハラタケ類に属する種との識別も比較的たやすい。
ここまで読んで喜んでいると、次の文が続きます。
しかし、日本以外のイグチ科のきのこによる死亡例や、日本における有毒種ドクヤマドリの存在などを鑑みれば、イグチの仲間だからと言って安易に口に入れることは避けるべきである。
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/イグチ科

急に緊張してきました。
食べる前から腹が痛くなりそうです。
(僕は致命的に腹が弱い)

今回、素人ながらにイグチ科だろうと判断したきのこがこちらです。

f:id:akimo1118:20150706003646j:image
まず、全体的に黄色いのですが、ところどころ青黒くなっていています。傘も柄もぽってりとしており、食べ応えはがありそうです。

f:id:akimo1118:20150706003705j:image
しかしこのきのこ、触ると急に変色するんです…不気味です。


気を取り直して、図鑑を使って同定します。
気持ち悪いかどうかはこの際どうでも良いのです。

わかる!図鑑9 きのこ

わかる!図鑑9 きのこ

似ているきのこは載っているのに、色が急激に変わるこちらのきのこは無さそうです。
ならばこちらの本です。
食べられるキノコ 200選

食べられるキノコ 200選

ありました!!!!!

色が変わるという特徴そのままに、
その名もイロガワリ。
食べられるきのこで間違いなさそうです。

きのこの調理法を何も知らないので、こちらを参考にさせていただきました。
f:id:akimo1118:20150706003839j:image
塩水につけること10分。
なんか青い汁出てきました。
この成分ほんと何なの?

f:id:akimo1118:20150706004157j:image
うわぁ…なんか青い。
気持ち悪いぞ…
これを美味しそうだと思えるほど僕のメンタルは強くありません。

f:id:akimo1118:20150706004027j:image
煮込むこと10分。
なんだか色が良くなってきましたよ!
お腹が空いてきたーーーー!

f:id:akimo1118:20150706003921j:image
できました。ぷりぷりです。匂いも悪くありません。すかさず実食。











美味い。





自分で採ったという事実により、美味しさも3割増しです。
(食べてから数時間経っているので、食中毒もなさそう)


ちなみに綺麗だしプリプリしてて美味そうだ、と思って採ってきたこちらのきのこはドクベニタケでした。

f:id:akimo1118:20150706004734j:image
あぶねー!